自己処理脱毛剤のタイプ

自分で脱毛をする際に使用する脱毛剤は、種類も多く、クリーム系、ワックス系、ジェル系、ローションタイプから、フォームタイプと様々です。製品も数え切れないほど多く販売されています。脱毛剤での処理は、一時的な脱毛となるので、一度使用したからといって、永久な効果はありません。ですので、こまめに繰り返していく脱毛方法となります。ワックス系は、皮膚の上に塗り、固まるので、それをはがすことで毛を抜き取るという脱毛剤で、個人差はありますが、最大で、4週間位脱毛の効果があります。これは、エステサロンでも使われることも多いです。ジェル系やクリーム、ローション、フォームなどについては、塗って、少し時間をおくと皮膚表面上に見える部分の毛のみを溶かす成分があり、一時的にきれいになるタイプと言ってもいいでしょう。わりとすぐに毛は、はえてきてしまいます。ワックス系もジェル系などどちらのタイプも、自分で扱えるタイプ、手軽に購入ができますので、利用している方は多いですが、この脱毛剤は、直接肌に、塗るものであり、肌にトラブルのある人などは特に、注意が必要となります。敏感肌の人や、アレルギーの方などは、目立たない部分で一度塗って試してみましょう。何事もトラブルがなかったら使用しましょう。また、心配の人は、皮膚科に相談して、使用可能かどうかの判断をしてもらうのもよいでしょう。また、自分での処理が心配な人は、トラブルを起こす前に、専門スタッフで行う、医療機関や、エステ専門の店で行う方が安全でしょう。

コメントは受け付けていません。