脱毛方法とその呼び名

近年のムダ毛を処理するための脱毛方法には、次にあげるようなさまざまな呼び名の脱毛方法があります。【電気脱毛】ムダ毛の生えている毛穴の一つひとつに針を差し込み、その針に電気や高周波を流し、毛根部分の破壊を行う方法です。【絶縁針脱毛】電気脱毛の一種で、絶縁針という針に弱電流や高周波を流すことによって毛根部分の破壊を行います。絶縁針とは肌に直接触れる部分に特殊な加工を施した針です。そのため肌へのダメージ(色素沈着や炎症)が軽減されますので、その分強い電流を流せます。そして、より確実な毛根部分の破壊が可能となります。つまり、永久的な脱毛が可能となるわけです。また、この方法は、医療機関の使用でのみ許可されている脱毛方法です。【ニードル脱毛】電気脱毛の一種で、金属アレルギー対策のため、チタンやゴールドの加工が施された針に高周波や弱電流を流すことによって毛根部分の破壊を行います。絶縁針のような加工が施されていない分、肌へのダメージ(色素沈着や炎症)が考えられます。ですがこの方法も永久性の高い脱毛が可能となります。【医療レーザー脱毛】医療機関で行われるレーザー脱毛で、黒い色素に反応する特殊なレーザー光線により毛根部分を焼灼し、ムダ毛の発毛を阻止する方法です。【光脱毛】強力な白色ランプから出る光で毛根部分を焼灼し、ムダ毛の発毛を阻止する方法です。「IPL脱毛」、「フラッシュ脱毛」、「プラズマ脱毛」などとも呼ばれています。

コメントは受け付けていません。