脱毛方法について

脱毛方法について、説明いたします。脱毛方法は、クリニックやエステサロンで施術を受ける脱毛法と、自分で行う脱毛に分けられます。一般的に、クリニックやエステサロンでされる脱毛法には、レーザー脱毛、電気脱毛、光脱毛があります。レーザー脱毛は、毛根やその周辺組織を、レーザー光を活用して熱で毛根を破壊することで脱毛します。永久的な脱毛効果が高いと言われる方法です。短い時間で除毛ができる上に痛みもあまりないため、人気のある脱毛法です。電気脱毛は、細い針を毛穴に差し込み、その針に高周波などを流すことで、毛根部を破壊して脱毛します。針に流す電気の種類によって、高周波法、流電法、ブレンド法といった方法に分類できます。現在では、高周波法と、流電法という直流の電流を流しておこなう手法を組み合わせた施工術も主流になっています。光脱毛は、脱毛のメカニズムはレーザー脱毛とほとんど同じですが、費用が安く痛みが少ない脱毛です。次に、自分で処理を行う脱毛法は、いろいろあります。カミソリ、毛抜き、脱毛クリーム、ワックス脱毛、テープ脱毛、家庭用脱毛器、と言った方法です。このようにたくさんのいろいろな方法がありますが、どんな方法で脱毛するにしても、その施術のメリットとデメリットを知った上で行うことが基本です。また、自分で脱毛する場合、顔や腕は見える部分なのでうまく行いやすいですが、背中や肩といった箇所は、見えないため不完全に終わることもあります。このため、毛の濃さにムラができたりして、なかかな全体案弁なく仕上がらないこともあるようです。

コメントは受け付けていません。